芸能にんじん速報🥕

芸能ニュース・気になるニュースを更新しています。
芸能をメインに2ch(5ch)からまとめて記事にしています。
無言フォロー失礼します。
フォローもどんどんお願いします。



    (出典 image.news.livedoor.com)


    彼女が…?!

    1 ひかり ★ :2021/05/28(金) 11:41:04.95

    下町情緒溢(あふ)れる、都内の静かな住宅街。出勤する人波が落ち着いた朝10時ごろ、立ち並ぶマンションのひとつから、痩身の男性が現れた。無造作に伸びた長い髪に、黒のダブルスーツ。大きな革のバッグを持っている。ロックバンド『エレファントカシマシ』のボーカル、宮本浩次(ひろじ)(54)である。

    宮本浩次、通称「ミヤジ」は、地下鉄で一駅分の距離を移動し、小さな音楽スタジオの中へと入っていく。ここが彼の活動の拠点らしい。この日はそのままスタジオに籠もり、日付が変わっても姿を現すことはなかった。

    本誌が見た限り、ミヤジの私生活は、自宅マンションとスタジオの往復で、まさに仕事漬け状態。一方で移動手段は地下鉄、徒歩、そしてこだわりの愛車・ポルシェと多様である。

    「宮本さんは33歳で運転免許を取得してから、ポルシェにしか乗ったことがないという無類の愛好家。今現在もビンテージものの黄色い『914』と、普段使い用の白い『ボクスター・スパイダー』の少なくとも2台を所有していると聞いています」(音楽業界関係者)

    都内で真っ白な愛車を乗り回すミヤジは、ミュージックビデオの世界から飛び出してきたかのようにカッコよくキマっている――のだが、ときにはオチャメな一面も見せる。

    夕方にフラリと自宅から出かけたミヤジ。この日は時間に余裕があったのか、クルマには乗らず、のんびりと風景を楽しむかのように散歩を始めた。すると、歩道脇の植え込みに野良猫の姿が。猫を見つけた彼はその場にしゃがみ込み、何やら語りかけ始めた。猫とミヤジの語らいは数分間続いた。

    ◆同居する美女の存在

    ストイックで、ちょっと変わり者で、ロックな独身男。そんなミヤジのミステリアスな私生活を陰で支えている女性がいるという。

    「今年の春頃に、二人でいるところをよく見かけましたよ。レザージャケットやブーツを履(は)きこなしていて、何か音楽関係の仕事をしている人なのかと思っていました。彼女は毎日のようにスーパーへ出かけて行って、エコバッグがいっぱいになるまで飲み物や食料品なんかを買っています。宮本さんの運転で買い物へ出かけて、マンションへ帰って来るところを見たこともあります」(近隣住民)

    その言葉通り、本誌は二人が同じ部屋へ帰宅する姿を何度も確認している。彼女が先に自宅に戻り、深夜までスタジオで作業に没頭するカレの帰りを待つ日もあった。

    また別の日。大雨が降り、時折、雷も轟(とどろ)くほどの悪天候の夜のことだ。ミヤジは愛車のポルシェの助手席に彼女を乗せると、豪雨のなか、横浜方面へと車を走らせた。どしゃ降りの夜のドライブデートを終え、二人が自宅マンションへ戻ってきたのは夜11時頃だった。この妙齢の美女はいったい何者なのか――。

    「一般の女性だと聞いています。宮本さんは一度仕事を始めると、時間を忘れて音楽に集中してしまうタイプ。ときには食事すらまともに取らないこともあります。そんな彼のために、彼女は生活用品の買い物や家事などをしてサポートしているのです」(別の音楽業界関係者)

    本誌は21年前に、彼の初ロマンスをスクープしている。『今宵の月のように』が大ヒットして一躍トップアーティストの仲間入りを果たした33歳のミヤジは、同い年で女優の江角マキコの自宅へ毎夜通っていた。

    「江角と別れた後、宮本には資金管理を任せるほど信頼する女性がいましたが、全財産を持ち逃げされてしまったとテレビ番組の中で告白しています。いずれも15年以上前の話で、それ以来、恋のウワサはまったくありませんでしたが、良いパートナーと出会ったということなのでしょう」(音楽雑誌関係者)

    昨年11月にはソロ名義でカバーアルバムをリリースし、5月にはコロナ禍でもフェスに出演するなど、精力的に活動するミヤジ。50代半ばにして彼がここまで頑張れるのは、ひっそりと「オレの宝物」を見つけていたからに違いない。

    発売中のフライデー本誌では、同棲先のマンションから出かける彼女や宮本の姿などを掲載している。
    FRIDAYデジタル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/065b12c8f7823cb36dababffa942663e1239ca8b


    (出典 res.cloudinary.com)


    【【芸能】エレファントカシマシ宮本浩次 妙齢美女との下町ミステリアス同棲】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    さんま対徹子は…?🤭

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/05(土) 21:29:02.44

    6/5(土) 19:24配信
    スポニチアネックス

    明石家さんま

     お笑いタレント、明石家さんま(65)が5日放送のテレビ朝日「徹子の部屋2時間SP」(後6・56)に出演。冒頭で司会の黒柳徹子(87)に謝罪するも、まさかの対応で返され、ショックを受けた。

     さんまは5年ぶりとなる「徹子の部屋」に、花束を持って登場。「45周年ということで」と番組の節目を祝福した。「あなたの顔を見るともう笑っちゃう」と、いきなりジャブを放つ徹子に対し、さんまは「そういうキャラじゃないんですけどね」とこぼし、「黒柳さんに一つ謝らなきゃいけないことがありまして」と切り出した。

     今回の出演が決まり、番組ディレクターと打ち合わせをした日が「ちょうどニシキヘビが逃げた時だったんですよ」と回顧。「黒柳さんのこと考えてニシキヘビのことを考えて寝たら、ニシキヘビが黒柳さんが襲っている夢を…」と告白した。

     夢の中の徹子はヘビに「ぐるぐる巻かれていた」と明かし、「飲み込まれて溶けていく黒柳徹子さんを見て。それだけで、黒柳徹子さんって私の脳の中に生きている」と話した。夢から目覚めた時は、汗びっしょりだったと、さんま。「蛇に飲み込まれる黒柳さんを見るなんて本当に失礼なことで、冒頭で謝らせていただいて」と謝罪した。

     これに対し徹子は「大変ですね」と簡単にまとめ、そのまま番組を進行。徹子のペースに飲み込まれたさんまは手で顔を覆い、苦笑しきりだった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/40d219ee55e568ad718004f3a8fe53f188d23ea9


    【【テレビ】さんま「本当に失礼なことで」 黒柳徹子に謝罪もまさかの対応…ペースに飲まれ手で顔覆う】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    ありまー…

    1 首都圏の虎 ★ :2021/05/31(月) 18:12:58.21

    事件が起きたのは、5月18日未明のことだ。タレントの熊田曜子(39)が、東京都港区内のマンションで、夫の会社経営者・X氏(38)に平手で叩かれるなどの暴力を振るわれたとして、警察に通報。X氏は、暴行容疑で警視庁高輪署に逮捕された。

    「検察の勾留請求は却下され、X氏は20日に釈放されましたが、熊田が被害届を取り下げていないため、今後、X氏は在宅で捜査を受けることになります」(担当記者)

     2人が結婚したのは2012年4月のこと。熊田は同年7月に妊娠も発表し、12月に長女を出産、その後も2人の女の子に恵まれた。いったい夫婦の間に何があったのか……。

     熊田は、過去に自身のインスタグラムに《朝起きて一番にする家事が(夫に)一口も食べてもらえなかったご飯の処理》と投稿するなど、夫への不満を吐露しており、今回の事件を受けて、多くのメディアでは熊田が “モラハラ夫” の一方的な被害者だと報じられている。

    「たしかに、Xさんは経営者なので、自宅で食事が取れないほど、多忙なときもありました。でも今回の事件は、Xさんが一方的に悪いわけじゃありません。熊田さん側にも、原因があるんです」

     そう語るのは、X氏と長年の友人であるA氏(41)だ。

    「僕から見ても2人の仲は良好でしたし、2021年の大型連休中も家族で旅行をしていました。でもじつは、2021年の2月ぐらいから、熊田さんの行動に不審な点が見られるようになっていたそうなんです。

     Xさんが自宅に帰ってきたことに気づかないまま、夜遅くまで長電話をしていたり、Xさんがいることに気づくと、慌ててトイレに行ったりとか。さらに、事前に聞いていた予定では仕事がないはずなのに、子供3人を実家に預けて急に出かけるなどしていました。

     そして、4月のことです。Xさんが開いたまま置いてあった彼女の手帳を目にしたところ『原宿にランチ』と書かれていて、ハートマークと一緒に、熊田さんが頻繁に出演している、あるテレビ局の番組名が書かれていたそうです。

     不審に思ったXさんが『あの日、原宿にランチに行ったでしょ。そのあとはどこに行ってたの?』としつこく聞いたら、彼女は激しく動揺したそうです。Xさんの不信感は、ますます強まりました」

     円満な家庭は、この日を境に、不協和音を奏でるようになった。X氏から相談を受けたA氏は、X氏が不在中の自宅内の様子を録音しておくことをすすめたという。

    「彼は明らかに落ち込んでいたし、このままでは仕事にも支障が出ると思ったんです。何も録れなければ、手帳の件などはすっかり忘れればいいじゃないかと。そうしたら、熊田さんの不倫を疑わざるを得ないような音声が録れてしまったんです……」(A氏)

     本誌は、その音声データの一部を入手した。そこには熊田が、友人と思われる人物と、電話で会話した際の音声が録音されていた。

     熊田は、X氏に「ハートマーク」が記された日の行動を追及されたことを振り返り、「マジ、手、震えたもん」「(手帳を)めくる手が震えたもん。ヤッバと思って」と心情を吐露し、「(X氏の)出方やね」「確実な証拠は絶対、掴んでない」「世間にバレたほうが終わる」など、なんらかの “隠し事” が公になることを極度に恐れていたのだ。

     また、「(YouTubeで)紹介してこうか、一部屋ずつ。こんなホテルがある、みたいな」と、自身がホテルに出入りしても怪しまれない “方策” すら語っている。

    「Xさんは、これで熊田さんの浮気を確信しました。しかも、Xさんの耳には、熊田さんが出演する番組を担当するテレビ局社員とその局内で “噂になっている” という話まで入ってきました。

     当然、Xさんは熊田さんを問い詰めました。でも彼女は『絶対に、そんなことはない』と認めず、むしろ『そんな噂を言う、周囲の人間がおかしい。あなたは洗脳されている』と言ったそうです。この時点でも、Xさんは熊田さんが不貞を認め謝ってくれれば、やり直そうと思っていたそうですが……」

     そして、事件のあった5月18日を迎える。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/573fcb982ccf34a6661244525c1b8a28c9bd3e8b

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【熊田曜子】“DV逮捕” 夫は事件当日に「不倫疑惑」を突きつけていた!】の続きを読む


    まじか…

    1 ちーたろ ★ :2021/05/27(木) 19:19:08.34

    【🍎はらぺこあおむし🐛】作者エリック・カールさん91才 死去 米での初版本は日本印刷だった


     人気絵本「はらぺこあおむし」などを手がけた米国の絵本作家エリック・カールさんが23日に亡くなった。91歳だった。米メディアが26日伝えた。


    はらぺこあおむしのうた 日本語&英語歌詞字幕付き The Very Hungry Caterpillar Song / おかあさんといっしょ 【童謡Japanese nursery rhymes】


    (出典 Youtube)



    (出典 stat.ameba.jp)


    【【🍎はらぺこあおむし】作者エリック・カールさん91才 死去 米での初版本は日本印刷だった】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    スゴいなw

    1 ジャンピングカラテキック(京都府) [ニダ] :2021/05/26(水) 07:54:14.27


    コンビニ電源で調理、米炊き焼きそば作る 窃盗容疑で38歳逮捕
    https://mainichi.jp/articles/20210525/k00/00m/040/341000c

     コンビニ店外のコンセントに炊飯器やIH調理器を無断でつないで米を炊くなど調理をし、
    店の電気を盗んだとして、福岡県警粕屋署は25日、住所、職業不詳の男性容疑者(38)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。

     逮捕容疑は25日午前5時50分ごろ、同県古賀市天神4のコンビニ敷地内に侵入、店外のコンセントを使って約30分調理をし、
    電気を盗んだとしている。同署によると、米を炊き、焼きそばを作っていたとみられる。黙秘しているという。

     店員の110番で署員が駆けつけると、容疑者は駐車場に止めていた軽乗用車に閉じこもり、警察官の呼びかけを長時間無視。
    午後になり、この車で逃走し、約50分間逃げ回った後、福岡市博多区で渋滞に巻き込まれて停車したところを追跡した警察官が窓を割って逮捕した。


    【コンビニで米と炊き焼きそばを作った男を逮捕www】の続きを読む

    このページのトップヘ