芸能にんじん速報🥕

芸能ニュース・気になるニュースを更新しています。
芸能をメインに2ch(5ch)からまとめて記事にしています。
無言フォロー失礼します。
フォローもどんどんお願いします。

    カテゴリ:芸能 > タレント



    (出典 pbs.twimg.com)


    さんま対徹子は…?🤭

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/05(土) 21:29:02.44

    6/5(土) 19:24配信
    スポニチアネックス

    明石家さんま

     お笑いタレント、明石家さんま(65)が5日放送のテレビ朝日「徹子の部屋2時間SP」(後6・56)に出演。冒頭で司会の黒柳徹子(87)に謝罪するも、まさかの対応で返され、ショックを受けた。

     さんまは5年ぶりとなる「徹子の部屋」に、花束を持って登場。「45周年ということで」と番組の節目を祝福した。「あなたの顔を見るともう笑っちゃう」と、いきなりジャブを放つ徹子に対し、さんまは「そういうキャラじゃないんですけどね」とこぼし、「黒柳さんに一つ謝らなきゃいけないことがありまして」と切り出した。

     今回の出演が決まり、番組ディレクターと打ち合わせをした日が「ちょうどニシキヘビが逃げた時だったんですよ」と回顧。「黒柳さんのこと考えてニシキヘビのことを考えて寝たら、ニシキヘビが黒柳さんが襲っている夢を…」と告白した。

     夢の中の徹子はヘビに「ぐるぐる巻かれていた」と明かし、「飲み込まれて溶けていく黒柳徹子さんを見て。それだけで、黒柳徹子さんって私の脳の中に生きている」と話した。夢から目覚めた時は、汗びっしょりだったと、さんま。「蛇に飲み込まれる黒柳さんを見るなんて本当に失礼なことで、冒頭で謝らせていただいて」と謝罪した。

     これに対し徹子は「大変ですね」と簡単にまとめ、そのまま番組を進行。徹子のペースに飲み込まれたさんまは手で顔を覆い、苦笑しきりだった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/40d219ee55e568ad718004f3a8fe53f188d23ea9


    【【テレビ】さんま「本当に失礼なことで」 黒柳徹子に謝罪もまさかの対応…ペースに飲まれ手で顔覆う】の続きを読む



    (出典 chitokarajoshi.com)


    ずっと付き合ってたんだな

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/28(日) 13:11:05.23 ID:CAP_USER9.net

    3/28(日) 12:25
    デイリースポーツ

    みちょぱ「ヒモ男」否定「勘違いしないであげて」…交際16~17歳頃から
     池田美優
     みちょぱことタレントの池田美優(22)が28日、TBSサンデー・ジャポン」に出演。人気モデルの大倉士門(28)との熱愛報道について語った。

     番組では、かつて2人がモデルとして腕を組んでランウェイを歩き、頭をナデナデされている映像が流れ、池田が「はずかしー、なんで流すの!」と悲鳴。池田が過去に番組で「将来もし彼氏ができた時に…」などと語っていたことも紹介された。

     交際期間3年とされることには「間違ってて、ちょっと離れていた期間も間にあるんで、それ含めてだと5年半くらいは」と明かした。「テレビ出る前から」と笑顔。太田光に「なにダマしてんだよ!」とイジられると、「普通言うわけないじゃん」と笑わせ、2人でランウェイを歩いていた時も、すでに付き合っていたと明かした。

     池田が面倒を見ると同棲を始めたと報じられていると問われると、「そんなこと言ってないし、1年前くらいから一緒に家を探してた」と説明した。

     「面倒見るってなったから、ヒモ男みたいにめちゃめちゃ勘違いされてる。そういうの一番嫌いなタイプなんで。そこだけは勘違いしないであげて。自分で働いてますし」と語った。

     結婚についても先のことは分からないとしながら「私は全然してもいいと思ってる。お互い早く結婚したいって話も」と語った。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d114c3cfff12ca2148e44275934c11cc5618a74e


    【【テレビ】みちょぱ「ヒモ男」否定「勘違いしないであげて」…交際16〜17歳頃から】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    にてるわ~

    1 jinjin ★ :2021/03/13(土) 00:23:43.86

    「本人かと思った」 中居正広&木村拓哉ものまね2ショットに「最高だべ」「復活かって錯覚」


    タレント・中居正広(48)などのものまねで知られるお笑いタレント・モリタク(37)がインスタグラムで、俳優・木村拓哉(48)のものまねをしたお笑いタレント・元木敦士(37)がとの2ショットを公開した。


    モリタクは「木村と2人でジョーカフェ行ってきたべ ビストロジョー?ジョーカフェ?どっちもだべ?」とつづると、元木とのコラボショットをアップした。


    この投稿には「似てるー」「ドキッとしてしまいました」「SMAP復活かって錯覚するくらい似てますねー」「最高だべ」「本人かと思った 凄いツーショットだわぁ」など反響を呼んでいる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f39ba731dae50ff18c6172f190b9a1196a89ea0a

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】「本人かと思った」 中居正広&木村拓哉 ものまね2ショットに「最高だべ」「復活かって錯覚」】の続きを読む



    (出典 www.ntv.co.jp)


    どうなるんだろ…

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/03/07(日) 16:31:01.78 ID:CAP_USER9.net

    2021/03/07 06:00
    著者:中島優

    2011年3月11日に発生した未曾有の災害・東日本大震災から10年。マイナビニュースでは、この震災に様々な形で向き合ってきた人々や番組のキーパーソンにインタビューし、この10年、そしてこれからを考えていく。
    日本テレビ系バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜19:00~)で、TOKIOのメンバーたちが体を張って農作業などに挑む看板コーナー「DASH村」は、福島第一原発事故によって撤退を余儀なくされたが、「出張DASH村」や「新男米」はもちろん、「新宿DASH」「DASH島」など、様々な企画でそのDNAは今も生き続けている。




    島田総一郎統轄プロデューサーに、この10年の取り組みやTOKIOに感じる福島への愛情、そして4月以降新体制となるTOKIOとともに構想する今後の展開について、話を聞いた――。


    https://news.mynavi.jp/article/20210307-dashvillage/images/001.jpg
    地震の被害をほとんど受けなかったDASH村の母屋=2015年撮影(提供写真)




    ■月10回はTOKIOの誰かが来ていた

    ――「DASH村」は2000年にスタートした企画ですが、島田さんが『ザ!鉄腕!DASH!!』のプロデューサーに就任された2008年には、TOKIOさんと福島の皆さんとの関係は、もうかなり強固なものになっていましたよね。
    そうですね。僕が来たときは、「DASH村」がこの番組の代名詞みたいな感じで、『鉄腕DASH』という名前よりも有名だったかもしれないです。TOKIOさんが街でロケをやっていても「あ、DASH村だ!」と言われることがあるくらいだったので(笑)
    当時は、長瀬(智也)さんと松岡(昌宏)さんがドラマで忙しくて、国分(太一)さんは『すぽると!』(フジテレビ)のキャスターをやってオリンピックの取材にも行ってた時期で、リーダー(城島茂)と(山口)達也さんがわりとメインになって、どんどん農業にのめり込んでいたので、僕が来たときにはもうプロ集団みたいになってました(笑)
    ――福島のDASH村には、どれくらいの頻度で行っていたのでしょうか?
    スタッフたちが周辺に暮らしていたので、DASH村は常に誰かがいるにぎやかな場所でした。撮影も毎日のように行っていたので、下手したら月10回くらいはTOKIOの誰かしらが来ていました。達也さんに至っては、たまに休日もプライベートで来てましたよ(笑)。きっと、畑で育ててる野菜や建築中の建物とかが心配だったんでしょうね。

    TOKIOやスタッフに農業を教えてくれる近所の農家さんたちにとっても、DASH村が集会場のような感じになっていて、みんなぷらっとやってくるんですよ。本当に地域のコミュニティができていたんです。たぶん近所の皆さんも「芸能人がいる」という感覚はないので、「写真撮って」とか「サインください」とか一切なく、フラットな温度で接してもらえるので、TOKIOにとっては居心地が良かったのかもしれないです。



    (出典 news.mynavi.jp)

    震災前のDASH村全景(提供写真)



    ■防護服で数か月無人状態のDASH村へ…
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://news.mynavi.jp/article/20210307-dashvillage/


    次のページへ
    https://news.mynavi.jp/article/20210307-dashvillage/2
    https://news.mynavi.jp/article/20210307-dashvillage/3


    【【インタビュー】 DASH村の夢の続きを実現したい…『ザ!鉄腕!DASH!!』とTOKIO、福島とのこれから - 東日本大震災10年】の続きを読む



    (出典 wezz-y.com)


    中居くん凄かったんだな。。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/18(木) 07:14:01.55 ID:CAP_USER9.net

    《公益のため多額の私財を寄附したので、令和三年一月三十日、紺綬褒章並びに賞杯を授かった者は、次のとおりである》

    2月9日付の官報により、紺綬褒章を受章したことがわかったのは中居正広(48)。全国紙の社会部記者は次のように解説してくれた。

    「紺綬褒章は国や地方公共団体などに私財を500万円以上寄付した人を対象に、審査を経て授章が決定します。中居さんの場合は、さらに賞杯、漆塗りの木製の杯も授与されており、これは1500万円以上を寄付した人が対象となります。

    彼は昨年に『東京コロナ医療支援基金』に1000万円、また『新しい地図』と日本財団が共同で設立した“LOVE POCKET FUND(愛のポケット基金)”にも1000万円寄付したと報じられています」

    ほかの寄付も含めれば1年間で2000万円以上! 中居の“寄付歴”について、スポーツ紙のデスクはこう語る。

    「私が調べた限り、いちばん古い記録は26年前の'95年3月です。SMAP初期の名曲の1つである『がんばりましょう』が、この年の春の選抜高校野球の入場行進曲に採用されたこともあり、開会式を中継したラジオ番組に、中居さんが電話出演しました。

    阪神・淡路大震災から2カ月後のことです。中居さんは『被災地の人を勇気づけられるよう、一生懸命頑張ってください』と、高校球児たちにメッセージを送り、この日の出演料を全額、ラジオ局の義援金係に寄付したのです」

    ■チャリティを巡ってジャニーさんに抗議したことも

    実は阪神・淡路大震災のチャリティ活動については、中居にとって、ほろ苦い思い出もあるという。

    「ジャニーズ事務所によるチャリティ活動の一環として、'97年に関西出身メンバーがいるグループにより、J-FRIENDSが結成されました。当時、この活動に入れなかった中居さんはジャニー喜多川さんに猛抗議したと聞いています。後輩たちが必死に復興を呼びかけるなか、自分たちが携われないことに忸怩たる思いを抱いたからだそうです」(音楽関係者)

    そんな思いもあったからか、'11年3月に東日本大震災が発生すると、中居は迷わずに行動を起こしたという。

    「10日後には『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の生放送を実施し、ライブコーナーでは『がんばりましょう』を披露、そして復興支援のための寄付を呼びかけたのです。

    特に中居さんはオフに、友人たちと福島に入って、がれきの撤去や炊き出しに力を注ぎました。当時の彼は、『偽善と言われることに不安もあったけれど、今はそんなことを言っている場合じゃない』と、語っていました。

    継続的に義援金を呼びかけていた『SMAP×SMAP』が終了した後は、スタッフと相談し、自身のラジオ番組で呼びかけを続けることにしたのです」(前出・スポーツ紙デスク)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d00e5ed1b03b7959674856182de5ad79dfd779ff
    2/18(木) 6:08配信


    【【芸能】中居正広が巨額寄付を続ける理由 26年間で総額2億円以上に】の続きを読む

    このページのトップヘ