芸能にんじん速報🥕

芸能ニュース・気になるニュースを更新しています。
芸能をメインに2ch(5ch)からまとめて記事にしています。
無言フォロー失礼します。
フォローもどんどんお願いします。

    タグ:エレカシ



    (出典 domani.shogakukan.co.jp)


    最近出た、浮世小路のブルースもなかなかです❗

    1 通行人さん@無名タレント :2021/02/19(金) 01:46:36.21

    俺正直言って今まで音楽に殆ど興味が無くて流行りの曲は知ってる程度だったのよ。カラオケも人生で二回しか行ったことないし、音楽番組なんて誰一人目当てに見たことがなくて、家族のいる部屋での流れてるなぁぐらいだったのよね。
    そんな俺が最近すごいと思ったロックバンドの「エレファントカシマシ」って言う4人組バンドのおっさん達、ていうかめちゃくちゃ詳しくはないからボーカルの【宮本浩次】と彼らの曲について語らせてください。
    ちなみに発音はいろいろ見て聞いた感じ
    「エレファント⤴カシマシ⤵」ではなくボーカル的には「エレファント⤵カシマシ→」っぽい。
    みんなエレカシで呼ぶからあんま関係はない。


    【【宮本浩次】この人にハマったから語る【エレカシ】】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ほぼ同時期にデビューしてて且つお互いにリスペクトし合ってるのは知ってたけど…このコラボは驚いた。バラード調の優しく穏やかな曲だな。紅白は出る??

    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2021/09/15(水) 13:38:05.76

    ※個人を特定できる書き込み禁止
    ※自演連投は禁止
    ※妄想話をする人は妄想スレへ
    ※コテハン、ブロガー、Twitter及びInstagramユーザー話はヲチスレへ
    ※荒らし煽りスレチはスルー、スルーできないヤツも荒らし
    ※目撃&情報大歓迎!検索ワードorソースも付けてネ
    ※sage進行推奨
    ※>>950を踏んだ人が次スレを立てること
    ※>>950が規制で立てられない場合は>>975がお願いします
    ※次スレ立つまでにスレ埋めるヤツは全員●刑です

    前スレ
    【ライブエール】エレカシの噂【再放送】
    https://fate./test/read.cgi/uwasa/1631179845/


    【【新曲動画あり】宮本浩次と桜井和寿のコラボとエレカシと紅白の噂】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    エレカシの活動が観たい今日この頃。。

    1 風吹けば名無し :2021/08/04(水) 19:52:48.36 ID:91qB8rts0.net


    (出典 Youtube)


    悲しみの果て、今宵の月のようにを経てまさか二度目のブレイクがあるとか
    今の人気になるとは思ってなかった


    【昔、エレファントカシマシっていうすごいバンドがいてさ】の続きを読む



    (出典 news-pctr.c.yimg.jp)


    ワイはバンドも頑張ってほしい。

    1 jinjin ★ :2021/01/02(土) 19:28:36.59 ID:CAP_USER9.net

    新人「宮本浩次」は歌い続ける…目標65歳、しわだらけでも凜として


    2017年12月31日、デビューから30年目を迎えたバンド・エレファントカシマシは、NHK紅白歌合戦の舞台に立っていた。
    ギターを抱えて、カメラをぐっと見つめて、最大のヒット曲「今宵(こよい)の月のように」を高らかに歌い上げ、宮本浩次は思った。「私は責任を果たした。あぁ、これでソロにいける」


    物事が進んでいく過程は、本当に不思議なものだと説く。
    噛(か)み合わない時は噛み合わないが、噛み合う時はどんどん噛み合っていく。それからすぐ、図ったかのように、椎名林檎(りんご)とのデュエットの誘いが舞い込んだ。
    18年10月、「獣ゆく細道」を発表。絡み合う2人の歌声が独特の世界を表現し、大きな話題を呼んだ。


    続けて、東京スカパラダイスオーケストラの作品に参加し、19年には本格的にソロ活動を開始。
    「昇る太陽」「Do you remember?」と、次々に自作曲を出し、今年3月、ソロアルバム「宮本、独歩。」をリリースした。


    「バンドの夢を追い続けるっていうのは、もうないと思っていて。やりきったと、実は思っている。エレファントカシマシはもう、勝負できる曲もあるんだから。あれもこれも、何もかもごっちゃにして、私はやろうとしていたけど、そんなものは無理ですよ。私がやりたいっていうことは全部、ソロでやる。そう、やっと整理できてきた」


    昨年から構想を練ってきたカバーアルバム「ROMANCE」は売り上げ10万枚を超えるヒット。シンガーとして、改めて存在感を放つ。
    「はっきり言って、無限の可能性がソロにはあるんです。新人ですから、『宮本浩次』は。実験的なこととか、まだまだ、出来ることがたくさんある」。
    作詞家や作曲家からの提供、一人での紅白歌合戦出場――、「例えば」は尽きない。

    だからといって、バンドの活動を止めるわけではない。
    かつて、中学生の自分たちがRCサクセションに憧れ、「雨あがりの夜空に」をまねて演奏したように、彼らは後進が目指す先の一つとなった。熟す時を迎えたのだ。

    「エレファントカシマシは、歴史を持っている堂々とした存在として、堂々と音楽をやる。ようやく、(メンバー)4人でやりたい音を作っていけるなとも感じる。新しい局面に移って、むしろ、ヒットが生まれるかもしれないね。ソロとそれぞれで輝きが増す、私はそう思います」


    「わたしという名の物語は 最終章」

    自作のソロ曲「冬の花」で、宮本はこう歌った。いくつまで元気な姿でステージに立てるのか。50代半ばにさしかかった今、考える。
    「ただ歌いたいからって、みっともないままに歌うのは、ちょっと勘弁。しわだらけでも凜(りん)として。かっこいいと自分で信じられる間は出来るだけ長く、人前で歌っていきたいですよね。とりあえずの目標は65歳かな」。
    そう言って無邪気な笑い声をあげる。まだまだ音楽とともに生きていく、そんなメッセージにも聞こえた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/626cdca693fe36914cbfdd6869775660787869e5

    (出典 i.imgur.com)


    【【音楽】新人「宮本浩次」「ソロは無限の可能性。しわだらけでも凜として」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    宮本売れてきてホントビックリだわ、でも前からのファンとしてはカバーではなくオリジナルが聴きたいんだけど。

    1 ひかり ★ :2020/12/25(金) 00:11:15.00 ID:CAP_USER9.net

    宮本浩次のソロ活動の軌跡をまとめた単行本が2021年春に発売される。

    本書には、宮本がソロ活動開始前夜から現在に至るまでの歩みについて語ったインタビューの数々に加え、過去に発売された雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」「CUT」に使用されている写真やこの単行本のために撮り下ろされた写真が掲載される。なおこの撮り下ろし写真の一部は、12月28日に発売される「ROCKIN'ON JAPAN」2021年2月号にも掲載される。単行本のタイトルや発売日などの詳細は、決定次第「ROCKIN'ON JAPAN」の誌面および音楽情報サイト「rockin'on.com」でアナウンスされる。

    音楽ナタリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb3df43a7293efee45b126f47c0afc3206176b52


    【【芸能】宮本浩次、ソロ活動をまとめた単行本を発売決定!www】の続きを読む

    このページのトップヘ