(出典 www.asahicom.jp)


涙が出る。。

1 凜 ★ :2021/10/28(木) 11:14:20.25

■FNN(2021年10月27日 水曜 午後8:00)
https://www.fnn.jp/articles/-/260163?display=full

3歳の男の子が母親の交際相手の男に熱湯をかけられ死亡した事件で、実の母親も虐待をしていた疑いがあるとして逮捕された。

逮捕のきっかけとなったのはスマートフォンに残された動画だった。

(中略)

実母である行歩容疑者からの暴行。
逮捕のきっかけとなったのは松原被告のスマートフォンに残されていた動画だった。
動画には松原被告が桜利斗ちゃんの頭をクッションで殴って転倒させる様子がとらえられていて、その様子を撮影していたのが行歩容疑者だった。

行歩容疑者の知人によると、母親からの虐待はたびたび起きていたという。

行歩容疑者の知人:
母親自身が機嫌悪いときに桜利斗ちゃんをはねのけてふっとばすというか。そういう行動がしょっちゅうみられていた。桜利斗ちゃんに向かって「死ね」とか「どっか行け」とか「いらんねん」とか。そういうことをよく口にしていた。

行歩容疑者の知人:
(桜利斗ちゃんを)押し倒したりとかも普通にするし、子どもが乗っている自転車が止めていて倒れても笑っているぐらい。

母親からの度重なる虐待の疑い。知人は以前から行歩容疑者が桜利斗ちゃんを虐待しているのではないかと疑い、市役所に通報したという。

今回の逮捕を受け緊急会見を開いた市の担当者は・・・。

摂津市の担当者:
(虐待の)通告を受けまして子どもさんの安全確認を行い、また母親とも面談する中でそのような素振りがうかがえなかった。

市の相談課は、行歩容疑者と91回面会。第三者からの暴力を放置する「ネグレクト」の傾向があると判断し、母親からの暴行を認識していなかった。

そして起きてしまった最悪の事態。2021年8月、桜利斗ちゃんは松原被告から高温のシャワーをかけられ、わずか3歳で命を奪われた。

行歩容疑者は桜利斗ちゃんが亡くなった後も悲しみを見せることはなかったという。

行歩容疑者の知人:
「もう桜利斗のことは終わった。これからは私たち2人のこと」という感じでしたね。
しかも桜利斗の遺骨の前でそういう話をしていたので、「いや、桜利斗の前やで。」「そんなことよく言えるな」と言ったら黙ってはいたけど。
それでも次話したときには、「たっくん(松原被告)と一緒にいたい」「ぼく(松原被告)も寿希ちゃん守っていこうと思います」みたいな話ですね。

行歩容疑者の知人:
子どもを失ってしまった悲しみというのは一切感じず、自分の誕生日(のお祝い)をしていたりとか。一般的に考えて異常。不用品がなくなった感じを受けましたね。人一人が死んだという感覚ではない。

調べに対し行歩容疑者は暴行の容疑を認め、「動画を見れば第三者はそのように思うと思います」「逮捕には納得しています」と供述している。

(「イット!」10月27日放送より)

(一部省略、全文はリンク先でお願いします)


【【社会】3歳息子に「死ね」「いらんねん」 23歳母を虐待疑いで逮捕 男児熱湯虐待死】の続きを読む